命日祭

11月20日(土),命日祭が行われました。
カトリックでは,11月2日を「死者の日(信仰を持って逝った人全ての記念日)」といい,全ての死者の魂のために祈りを捧げる日としており,11月が「死者の月」とされていることから,希望の星学園・星窪きらり・オリーブの丘では,毎年11月に「命日祭」を関係者への感謝の気持ちや,亡くなられた利用者・職員のご冥福を祈り伝える行事として執り行っています。
今年は利用者・職員のみの参加でしたが,いつもお世話になっておりますドミンゴ神父様にお越しいただいて,厳かに行われました。

79